パーキング解決事例

首都圏の集合住宅では、いわゆる「都心回帰」が進み、郊外型大規模マンションに陰りが見えます。

反面、都心の地価は下げ止まり、比較的狭い敷地条件もあり、駐車場計画は地下設置を検討します。一方、従来の地下式駐車装置は集合住宅には過剰仕様で非常に高価な設備です。中小規模の計画では1戸あたりのコスト負担額が大きくなりすぎ、建築主の事業計画にも大きく影響を及ぼします。