パーキング解決事例

機械式駐車設備を維持管理するには、保守点検や改修工事など相応の費用が必要になります。

一方時代の流れと共に車両形状や入庫車寸法、時には車の所有そのもの利用者ニーズが多様化し、利用者が減る事で維持管理費の抽出が厳しくなるケースは珍しくありません。
大規模修繕に合わせ、利用率アップと維持管理費(ランニングコスト)削減検討が必要になります。